レスポンシブ広告

ビーチでスルル(きびなご)拾って食べた。

いつものように何か落ちてないかなーっと海を歩いていたら、浅瀬の水面にさざ波が動いてましたよ。

なんだなんだと近づいたら、小魚の大群が浅瀬にとりのこされて右往左往しています。

長男坊が長靴のまま浅瀬に飛び込み走り回ると、小魚が逃げまどって陸に打ち上げられピチピチ跳ねます。おお!これはスルルじゃないか。長男走れー。

大急ぎで拾い集めます。次の波で逃げる前に。急げ急げ。

長男が興奮しまくって浅瀬をぐるぐる走り回ります。そのたびにどんどん打ちあがってくる。数千匹の群れですが、打ちあがったのは数百匹。長男はしゃぎすぎて全身ずぶ濡れ。水が入った長靴でスルルを踏みつけて走り回っています。

持ってたレジ袋いっぱいに捕れました。まだまだいたけど食べきれるたけ。今満潮に向かってるから助かるでしょう。

この魚ですがスルルですよね。和名はキビナゴです。

持って帰って料理しますよ。下処理無しだから楽ちん。塩コショウと小麦粉ふって揚げるだけ。

カリカリに揚がりましたよ。揚げてる途中で我慢できずに味見するとめちゃくちゃうまい。子供たちも味見味見と言いながら食べまくって大喜び。

「俺が捕ったんどー」って普段「俺」と言わない長男が威張ってます。丸ごと食べてカルシウム!

お刺身にもしたんですが手開きにしたら見栄えが悪かったので写真無しです。新鮮すぎて身がボロボロになったけどお刺身もめちゃくちゃうまい。

大漁だったので翌日もスルル。おいしいし楽しいし自然の恵みに感謝です。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連記事