レスポンシブ広告

タイマイの漂着死体

スポンサーリンク

いつものようにビーチをウロウロしてたら、何かが腐乱したすごい匂いが漂ってきました。ビーチの満潮線上にハエがぶんぶん飛び回ってる場所があります。

タイマイの漂着死骸発見

甲羅の形からしてタイマイですかね。アオウミガメの漂着は年に数体みますが、タイマイはとっても珍しいですよ。

満潮の時に打ちあがったウミガメに、誰かが砂をかけたみたいで、頭だけが見えません。死体の頭だけに砂がかけてあるってのはたまに見るのですが、人間の心理的なものなんでしょうね。おそらく体全体を埋葬したかったけど、死体が大きいので頭だけ隠したのでしょう。

申し訳ないけど、砂を取り除いてみました。タイマイの死体は珍しいのでじっくり見たいのですよ。大きさ比較にペットボトルも。首が腐乱してふくらんでいるのがわかります。

タイマイの漂着死骸

目と目の間の 額板 が4枚。頭頂部の模様もわかりやすい。タイマイ。

タイマイの頭

鱗状に重なった甲羅。甲羅のふちはギザギザ。

子供にひっくり返してもらいました。木の棒でテコの原理でくるっとしたら、死体から体液がドロドロでてきて砂にしみこんでいきました。

すごく臭くてハエがぶんぶんしてるので、子供たちは最初嫌がってたのですが、帰りにひとり一本ジュース買うって約束したらがんばってましたよ。

フジツボみたいなのがついてます。素人目には外傷とか見えません。オスメスどっちなんだろう。

首がパンパンで破裂しそうで怖いです。

ひっくり返したままだとなんだかカメに申し訳ないような気がしたので、もとに戻して帰りました。砂はかけなかったけど。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連記事