レスポンシブ広告

金武町の新開地をブラブラ

金武町にある米軍基地キャンプハンセンのゲート前にある新開地に行ってきました。

沖縄がアメリカ統治時代の面影が残るちょっと怪しい街並みです。
最近はタコライス発祥の地で売り出してるみたいです。

ハンセンのゲートです。雲がモコモコ。
この向かい側の繁華街をブラブラ。

無料の共同駐車場があります。

案内板。ちょっと古いな。パーラー千里とかもうない店が載ってる

アップで。

ベトナム戦争の時は米兵であふれていたそうです。

夜来ると全然違う印象ですよ。
キャバレーやライブハウス、バーなどのネオンがキラキラして、酔った米兵がウロウロしてて、完全に外国です。
特にこの奥の店あたりとか、超怪しいかんじ。
わたしも若かりしころ、門の前まで行って、入る勇気が出ずに引き返した思い出が。
フィリピンのお姉さんがかわいかったけど、今はもういないらしい。

沖縄マニアの観光客は夜必見ですよ。

米兵向けの洋服屋の向こうはうちなんちゅ向けのパチスロ屋さん。
米兵がスロットしないのはなんか理由があるのだろうか。

ゲート前のフレンドシップ通りのゲート。日米友好。

以前は何件もパーラーがあったのですが、ずいぶん寂しくなっていました。

タコライス発祥の店「パーラー千里」も移転していました。

新しいお店はコレ。キングタコスと合体したのね。

一応メニュー。すごく繁盛してます。
必ず、タコライスチーズ野菜を頼むこと。

米兵向けのタトゥー屋さんが何件かあります。

9月にキャンプハンセンフェスティバルがあるぞ。行ってみよう。

本当はもっともっと怪しくて魅力的な雰囲気なのですが、わたしの腕では表現できません。
観光地の沖縄に飽きた方は、ここを散策すると絶対面白いですよ。

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする