レスポンシブ広告

朝の浦添ようどれ

浦添市にある浦添ようどれに早朝にいった。
「ようどれ」とは、夕凪の意味。
琉球国王たちのお墓。

ようどれ館

朝早すぎて閉館してた。

ようどれ館の横に石切場後があった

カーミージーあたりにあったのかな。

全体図

ようどれに向かう
琉球国中山王陵

ようどれ入り口

階段を降りる

ハブに注意

王様の子孫が寄付したのか。

もうすぐだ

沖縄戦の前はトンネル状になっていたのね

石垣がすごい。復元した職人の技。昔もこんなにキレイだったのかな。

振り返って

沖縄の城でよくある門
あまりにもキレイに復元してるような気がする。

着きました。
お墓の写真とっていいのかな

火気の使用は禁止だけど、ウチカビと線香は火を使うよな。いいのか?

お、シーサーがいるぞ

このシーサーは昔のままかな?なんだか愛嬌がある。

小さな屋根はシーサーの家か?とおもいそうだが、石厨子らしい。棺ってことね。

お邪魔しました。

ようどれ館に戻って、浦添大公園に行く途中の展望台に行きました。

おお、ここからも普天間基地が見える。ひろいな。

海も

次は浦添城に行ってみよう。

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする