レスポンシブ広告

平日の浦添大公園が外国人だらけ

浦添大公園といえば、国道330号線沿いの長〜い滑り台が有名な公園ですが、最近、平日は外国人だらけと聞いたので見に行ってきました。

この公園、何度もきたことありますが、平日ではありえない人口密度。

中国人8割、アメリカと日本人1割って感じです。

中国人じゃなくて台湾とか香港かもしれません。
明らかに観光客ですが、ワザワザ外国からきて浦添大公園に来るのは不思議です。
ガイドブックとかに載ってるのかな。
人数からして、バスで乗り付けてるんじゃないかな。

子連れだけではなく、若いカップルもいます。
おじいちゃんもおばあちゃんもカップルもみんな滑り台でキャッキャしてすごく楽しそう。
日本人は日陰でおしゃべり。
日本人ももっと人生楽しまないとな。と思ったら違うのね。
大人は遊ぶなと日本語だけでかいててもねえ。

マナーとか悪いのかなとか思ってましたが、まあ、声が大きかったり半裸になったりはしてますが、全く嫌な感じはしませんでした。
ゴミも持ち帰ってるし、譲り合ってるし。
でも看板はある。

韓国人も来てるのか?

普天間基地が近いので、上空をオスプレイがバンバン飛びます。
でも、誰一人として気にしてません。
珍しくないのかなあ。

と、これをベンチで書いてたら、となりに座ってた人が話しかけてきました。
台湾からきたそうです。
マナーが良いはずだ。
ベンチの後ろにでっかいムカデがでたら、台湾のおじさんが、小さい葉っぱで撃退してくれた。なんと頼もしい。

台湾人カップルがアイスクリームの自販機の前で5分くらい悩んでました。
結局買ったのはパイナップルのアイス。台湾が本場だろ。

でも、この公園はパーラーが安くてオススメです。
ぜんざいとか。

先日、本部町のスーパーに行った時も、中国人だらけで、何を買ってるのかなと観察したのですが、エノキやコンニャク、刺身(柵のまま)、パックのわらび餅カゴいっぱいなど、日持ちしない物をたくさん買ってました。
買ったあとどうするのか本当に不思議。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事