無印良品の人をダメにするソファは絶対洗うな。【経験談】

スポンサーリンク

無印良品で買った通称「人をダメにするソファ」、正式には「体にフィットするソファ」という大きいビーズクッションを水洗いしたら乾かなくて臭くて臭くでダメになったって話ですよ。

ソファのお取り扱い方法には、
●本体は洗えません。
●本体は側地、詰め物共に洗えません。

と2度も洗えないことが書いてあるので、洗ったのは完全に自己責任ですが、まさかこんなことになろうとは。

我が家に生息する生物がクッションの上で粗相をしまして、最初はカバーだけ洗ったのですが、中身のビーズはポリスチレンだし、本体まるごと洗えるんじゃないか?と思ったのが誤りの始まりです。
お風呂いっぱいお湯をためて洗剤いれて足でふみふみ。水が汚くなったので汚れが落ちてるなあー。

水を抜いて持ち上げてみるとかなり重い。水を吸いまくってる。ベランダに干す前にお風呂にかけて脱水してみたが水を含んだまま脱水できない。

ちょっと軽くなってから、ベランダにスノコひいて干してみたけど全然乾かない。2週間日光に当ててみたけど、全然乾かない。お日様の匂いはせず、どんどん臭くなっていく。
沖縄の激暑直射日光に勝つとは体にフィットするソファすごいけど臭い。

なんでこんなに乾かないんだと、あきらめて袋を切ってみてみると、パウダーのような超微粒子ビーズ一粒一粒に水がまとわり付いてる。手をつっこむと臭い水が手につく。これは乾かすの無理だわ。

結局、匂いがどうしようもないので、泣く泣く燃えるゴミでだしました。
ところがゴミ収集車が持っていってくれない。
調べてみると去年からクッションは粗大ごみ扱いになってた。捨てるのにお金かかるとは。

スポンサーリンク
関連記事