レスポンシブ広告

子連れでシュノーケリングして来た。安心装備も紹介。

暑い暑いどこか連れてけと言う子供達を連れて海で遊んで来ました。

大人は真栄田岬でお魚見ながらシュノーケリングとかのほうが楽しいのですが、子供達は深い真栄田岬より浅い海のほうが好きなんです。

ジャングルの中の細い道を通り抜けて海を目指しますよ。

海に到着。予想通り、今日は静かな海です。遊べるぞー。
ここは風向きとか潮によってはすごく荒れて危ない海なのです。だから場所は書かない。

日差しが強くて日焼け止め塗りまくりですよ。
シュノーケリングするときは、耳の裏も忘れずにと子供に塗り塗り。

親が支度してる間に、子供達はもう海に入って行きました。ライフジャケットつけてるから安心ですよ。

念のため子供達の安全装備を紹介します。

上下ラッシュガードは日焼けとクラゲよけ。
溺れないようにライフジャケットと浮き輪。
ウニとかサンゴ踏むと痛いからマリンブーツ。

ここまでやってれば、安心して子供を自由に遊ばせられるのですよ。

↓amazonです。

普通の浮輪でもいいですが、安いのだとすぐ空気が抜けてしまいます。ライフジャケットつけてたら浮輪不要と思われがちですが、マスクに水が入ったときにつかまったり、疲れた子供を乗せてひっぱったりで、必要なのですよ。

子供の安心度が違うのです。

ライフジャケット(シュノーケリングベスト)は最近黒いのが売ってますが、目立つ色じゃないと危ないですよ。

一時期はどうなるかと心配でしたが、サンゴがかなり復活してます。
自然ってすごいな。

クマノミとカクレクマノミがいましたよ。
もちろん他の魚もたくさんいるのですが、私には写真の腕がないのです。撮ったつもりが後で見ると何が何やらわからないのです。

ここは大きな岩が海の中にあって、岩の下は洞窟みたいになっています。海で疲れたら岩の下で遊ぶのです。

岩の下は日陰で寒いくらい。天然のプールです。子供達は岩から飛び込んで遊びます。

水中から外を見ると綺麗です。
ここもいずれ観光地化されるのかな。
20年前からここで遊んでますが、年々ここで遊ぶ人が増えて来てます。
前はダイバーと釣り人しかいなく、子連れがくる場所じゃなかった。

洞窟で体が冷えたらまた海。この繰り返しでヘトヘトです。子供達の体力にはついていけません。

エリグロアジサシがいました。
海に飛び込んで魚捕りますよ。こっちに飛び込んできたらどうしようといらぬ心配をします。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事