レスポンシブ広告

那覇市壺屋の神里原が再開発されている途中

那覇市壺屋の神里原に行ってみた。
ここも道路拡張でずいぶんときれいになっている。

戦後は一番の繁華街だったらしい。
ちょっと前まではとても怪しい雰囲気で、おばさんが折り畳みイスにすわってオジサン達に声をかけていた。
神里原社交場とかいったはず。

このそば屋のちょっと先の左手にあった。

ピンクが目立つ建物はまだ健在

あれ?まだ営業してるのか?

悪質営業者追放
あれは営業者という表現なのか。
うまい言い方を考えたものだ。

神原社交飲食業協会と書いてある。
神里原じゃなかったの?
そういえば、神原大通りとか、神里原とか混乱してきた。
どっちだっけ?

このあたりはあまり変わってない。
夜に来る勇気はない。

はいさい

れもん

渋い建物だ。

共栄自治会と書いてある。


大通りのほうに行ってみた。
道路拡張でずいぶん広くなった。
奥に隠れてた長屋が表にてできたのか。
おでん屋の六助はまだ営業中

赤い字のハイビスカスはお店かな
入る度胸はない。

猫がエサを食べている。

ほとんど青く塗ったのに、なぜドアを塗らなかったのか。

翁長市長時代に拡張はじまったのね

青い壁、青い空、白い雲。

すごい三階だて。
2回のドアはどこにつながっていたのだろう。

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする