レスポンシブ広告

5月。海に落ちてた木の実いろいろ。

沖縄でビーチコーミングのベストシーズンは北風ぴゅーぴゅーの冬なのですが、5月でも落ちてるものはあるのです。

今日は近くに川が流れてるビーチで主に木の実を観察。

打ち上げられてる木が生っぽいのは川から流れてくるのが漂着してるってこと。

外国からじゃなくて、川から流れ出たものですね。

アダンの実の一部。沖縄産。海岸沿いに生えてる。

これもアダンの実の一部。

ヤシの実。外国産。よく落ちてます。

ミフクラギの実。沖縄産。街路樹とか公園に多い。

炭化したドングリ

モクマオウ。実なのかな。沖縄産。というか、このビーチに生えてる。

まんまるかわいいテリハボクの実です。沖縄産。海沿いに生えてます。

サキシマスオウの実。沖縄産。ウルトラマンの実ともいう。

ジオクレア。これは沖縄産じゃないと思う。

イルカンダ。沖縄産。川沿いに生えてます。

クルミ

シナアブラギリとコゲチドリダカラ

ソテツ。海岸沿いに生えてます。

落ちてた器に盛りつけてみましたよ。

海岸に黄色い花が咲いていました。ハマササゲだっけ?小さな豆が実ります。

こちらはグンバイヒルガオの花。

名護市にある名桜大学のエイサーのライターですね。

ピカチュウ。年々クオリティが高くなっていく、中華圏から飛んでくる風船。

でかい何かの骨。臭いです。

両親そろって下ばかり見てるけど、子供はビーチを走り回ってます。足腰強くなるはずね。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事