レスポンシブ広告

本部町で釣りして来た

子供たちが釣りがしたいと言うので、本部町まで行ったついでに渡久地港で釣りしてきました。

釣りと言ったら怒られるかな。釣り竿さえ使わない、子供の遊びの熱帯魚釣りです。

エサは、100円のまるちゃん。にんにく臭い練りエサです。

仕掛けは、100円くらいの釣り針。一番小さい釣り針くださいって言って買いました。

ほかに、100円くらいのテグスと、100円くらいの重りを買って、総額500円もしないお買い物。思いついたらすぐできるのです。

テグスを5メートルくらいに切って、ペットボトルにぐるぐる巻いて、釣り針と重りつけて子供に渡します。

エサつけて、仕掛けを持ったまま港をうろうろして、魚を見つけたらぽちゃん。

竿がない分、小さい魚でもひきが面白いんですよ。

浮きはないけど、魚が食べるの見えてるし。

子供は夢中で釣りますよ。

エサつけてとか、魚釣れたからとってとかは、子供にさせないとね。大人が楽しめないですよ。

オヤビッチャはいくらでも釣れる。食べたらおいしいらしい。

ほかにもいろんな小魚を釣ったんですが、手が汚れてて写真撮らなかったですよ。

バケツに入れて、プチ水族館です。写真ないけど。

タツノオトシゴは、釣ったんじゃなく、網ですくったんですよ。意外と早く泳ぐ。

小さい魚でギャーギャー喜ぶ子供たちがおもしろかったのか、近くにいたウミンチュが次女にタマンくれました。今日一番の獲物だ。

晩御飯はお刺身とお汁にしました。超うまかった。

 だいたいこーゆーのもらうのは次女。なんでたろ。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事