レスポンシブ広告

やんばるでビーチコーミング。ウミガメの骨とイノシシの骨。テリハボクの実。

まだ北風が吹いてないので、漂流物に期待はできないけど、ヤンバルに貝拾いに行ってきました。

まあまあ漂着してるなあ。

ウミガメの骨発見。

少し離れたところで、またウミガメの骨。

甲羅も発見。同じ個体かなあ。

次女が歯を拾ってきた。
ちょうど次女の歯もグラグラ抜けそう。
仲良しだね。

イノシシの歯かなあ。

ちょっと日陰で休憩。とにかく暑い。貝拾いには早かった。

ビーチボールの墓場。全部で5個あった。
風の流れがあるのかな。

この岩場に咲く花の名前はなんだろう。

海岸の崖は化石だらけ。

サトウニシキ?って貝の化石だったかなあ。数万年前の貝殻がビーチに落ちてるんですよ。拾わないけどすごいなあ。

テリハボクの実

まん丸でカワイイテリハボクの実が落ちてました。

上を見ると実がなってた。

10月に実がつくのですね。12月ごろよく海に流れていてます。

この木ですよ。海岸に生えてます。

海に流れて漂着した実です。
沖縄には大量にありますが、本土では珍しいと聞いたのですが、本当なのかな。

今日も貝殻の収穫ゼロです。最近拾えてない。

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. マツナガ より:

    テリハボク、はい、全く見たことないですよ。もし流れ着いたとしても冬が寒すぎて枯れてしまうんでしょうね。
    浜辺が白っぽいのはサンゴが混ざってるからですね。鹿の角みたいなかけらでも珍しかったです。
    それにしても10月というのに海の透明な美しさ!

  2. かまんぬ より:

    この海にはサンゴは無いですよ。
    今度、サンゴだらけのビーチを紹介しますね。