レスポンシブ広告

SUPに電動ポンプで空気入れたらシガーソケットが壊れた。

タイトルのまんまなんですが、インフレータブルパドルボードに電動ポンプで空気を入れてたら、車のシガーソケットが壊れました。

2回壊れたのですが、2回とも空気を入れ始めて5分くらいで、急に電源が入らなくなりました。

1度目は、ディーラーに修理に行ったのですが、親切な営業マンが、修理すると1万円以上するけど、オートバックスとかで新しいのを買って付けると1000円くらいですよと教えてくれたので、そのとおり実行。

ヒューズボックスから電源をとって、シガーソケットを二つ増設するタイプのやつ購入。
1000円しなかった。簡単に付けられたし。

でも、その増設したシガーソケット(最近はアクセサリーソケットと言うらしい)も同じ現象で壊れました。

これ以上お金かけたくないので、壊れるの覚悟で分解してみます。
なにやらヒシチューブに隠れてるな。

カッターで切ってみると、中からヒューズが出てきました。やっぱり切れてる。

5A12.5Vのガラス管ヒューズです。5G8Aって型番。
型番で検索すると、外国のサイトしか出てこない。

メイクマンに行ってみても同じヒューズが売って無い。
仕方なく似たようなヒューズを購入。
5A250Vと書いてあるぞ。

12.5Vの電圧に、250Vのヒューズつなぐと、どんな影響あるのかサッパリわからないなあ。
中学生くらいで電圧とか電流とか習ったような気がするけど、完全に忘れた。

まあ、見た目が同じだからいいか、と付けてみたら、ちゃんと動きました。
一応、電動ポンプを動かすときは、じーっと見ておこう。火事になったら嫌だし。

100円で治ってよかった。
次またヒューズ切れても交換すればいいだけだし。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事