レスポンシブ広告

【米軍基地のお祭り】名護市辺野古のキャンプシュワブフェスティバルに行ってきた。2016 Schwab Festival

普天間基地の移設先として話題の、名護市辺野古にある、キャンプシュワブのフェスティバルに行ってきました。
年に一度のお祭りで、普段はフェンスの外から見るだけなので、貴重なイベントです。

那覇のほうにもイベント告知の横断幕があったり、動画でも宣伝してたりします。


普天間フライトラインフェアは6月11日12日だそうですよ。

今年はSUM41って有名なミュージシャンが来るみたいです。

ゲートの前には反対派のテントがづらり。
基地のフェンスの中からの写真です。
フェスティバルに反対してる様子は無いです。

特に混むことも無く、ゲートで車に乗ったままIDチェックとかを受けて、基地の中を走り車を立体駐車場に停めて、バスで会場まで送ってもらい、また荷物検査と金属探知機での身体検査をしてやっと会場に入れました。

風景とか建物とは撮影禁止と言われたので、その間の写真は無しです。
イベント会場に入れば撮影OKだそうです。

望遠レンズのついたカメラは持ち込み禁止です。これはどこの基地でも同じですけどね。

もっと厳戒態勢かと思ったけど、そんなこと無く、和やかな雰囲気でした。

水陸両用車二台

イベント会場に入るとやっと写真が撮れます。
我が息子が大好きな軍用車コーナーです。

今日は水陸両用車が二台展示されてました。
もっと展示してほしいなあ。
相変わらずの放任っぷりで、子供達がどこに乗ろうが、何を触ろうが何にも言われません。
うちの子は、車の屋根に乗ったり、すべり台のようにすべったりしてハシャギまくりです。

タイヤの車と、キャタピラの車?があります。

兵士がヨチヨチ歩きの赤ちゃんを心配してました。どっちもカワイイ。

幼稚園の遊具なみ

スクリュー付き。

キッズ遊園地と屋台

海側にいろいろあります。他のフェスより小規模かな。

どこの基地でも大行列のバンジージャンプの列が、ここは短いな。
500円です。

移動遊園地の値段表。
乗り放題て1000円。
ここは空いてるからお得かも。

ダーツに射的。
基地の中は景品が現金だったりします。

シーサーピザ。

当然アルコールも充実。免許証見せる必要があります。これは厳格。

舞台

音響いいなあ。
昼間の客はこんなもんです。
夜はすごいよ。

6月4日のジャングルフェストの告知がありました。
行きたいけど、遠いんだよなあ。

米軍基地のスーパーでお買い物

県民にとってはキャンプシュワブ開放日の最大のウリは、米軍基地のスーパー「Exchange」で買い物できることなのです。

フードコートもあるけど、バーガーキング、サブウェイ、ピザハットだったかな。ワザワザ食べなくていいな。

入り口で配ってた紙。
パスを持ってなくても、食べ物と飲み物をひとり20点まで買えます。
あれ?今見ると日本語では10点までと書いてあるなあ。

当然ですが、日本語の本はなし。
アメリカの雑誌。

怪しいフリマとかてよく見る戦闘服も普通に売ってるのです。

勲章も大量に売ってるけど、買ってどうするんだろ。何か役に立つのか?

ゲータレード好きだよなあ。

我々一般人は食べ物飲み物しか買えないのが悲しいですが、県民はカゴいっぱいに買う人も多いです。
ただし、日本のスーパーでも売ってるものは、特に安い訳でもないので、ここで買う必要はないです。
珍しいのを買うだけですよ。

お惣菜コーナー。
ポーク玉子オニギリとかもあるのね。

自分で挟むホットドッグは二つて3ドル。
このフェスタでは、屋台じゃなくて、こんなの食べた方が楽しい。

シャーベットはどのサイズでも79セント。
一番大きいサイズのカップで買ったら、家族5人でも食べきれませんでした。
甘すぎ。

支払いはドルかクレジットカードです。
ドルは基地内で両替するより、コザとか北谷の両替屋のほうかレートいいよ。と見知らぬ人が教えてくれました。
わたしはカードで払ったけど。

自宅で今日買ったものを写しました。
グミとヒマワリの種を大量購入。

バリボーのグミの巨大袋は、1.3キロで8ドルくらい。
子供に欲しいもの選べと言ったらこれ持ってきた。
安いけど食べきれるのか?

なんとなく買ったパンがうまかった。

ヒマワリの種はカラ付きで1.5ドルくらい。カラ付きは日本ではなかなか売ってないんです。

本当は、海に降りて漂着物とかないか見たかったけど、警備員に止められました。海側の写真撮影もダメだって。
米兵は海で泳いで遊んでたけどね。

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする