レスポンシブ広告

沖縄のガソリン事情。安いガソリンスタンド。

今日車のガソリンを入れたらリッター90円でした。
中東情勢についてはよくわかりませんが、我が家の家計には大助かりです。

沖縄本島の安いガソリンスタンド

特定のお店でココは安い!とかではなく、安い地域があります。

安いのは、宜野湾市と北谷町の58号線沿いです。
沖縄市の泡瀬も安いかな。
当然セルフが安いです。

バーコード付きのハガキやクーポンを持っていれば2円から5円引になる店が多いですが、お兄さんに言えば、バーコードをピッとしてくれることがあります。

本土より税金が安い理由


ガソリン税1リットルあたりの税金
沖縄県は本土より7円減税されている。なお、この税率や期限は「租税特別措置法」ではなく、「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」第80条3項に基づく政令により規定されている。
また、沖縄県は「沖縄県石油価格調整税条例」により、ガソリン1リットルあたり1.5円を徴収している。

従って、沖縄県内の相対的なガソリンの減税額は1リットルあたり7円-1.5円=5.5円となる
wikipedia「ガソリン税」より引用

ということで、本土よりリッターあたり5.5円やすいのです。

ただし、

  • 鉄道がない(本土は税金で線路引いた)
  • 米軍基地を迂回し遠回りしている。そのため慢性的な渋滞
  • 等のガソリンを他県より多く消費するので、特に中部から南部に通う人などは、大損しているとおもいます。

    過去の最安値は

    わたしが車に乗り始めてからの、最安値は、なんとリッター56円です。
    琉球大学近くのスタンドで、1999年の12月ですね。
    売れば売るほど赤字と言ってました。
    あのころはよかったなー。

    記念にとっておいた証拠のレシートです。

    当時は沖縄のガソリンスタンド同士で値引き競争があり、どちらかが文字通り潰れるまでのチキンレースをしていました。

    サービス合戦もしていて、コーヒー無料は当たり前で、中にはガソリン入れたら「天ぷら食べ放題」というスタンドもありました。
    もちろん沖縄風の天ぷらですよ。

    関連記事
    レスポンシブ広告
    スポンサーリンク
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告

    シェアする

    フォローする