レスポンシブ広告

浦添西海岸を散歩。カーミージーと建設中の橋と犬の死体。

浦添市の西海岸にある米軍基地「キャンプキンザー」の海側を通る橋とがほぼ完成し、次は牧港湾を渡る橋が建設中なので、散歩してきました。

この新しい道は、沖縄西海岸道路とか、臨港道路浦添線とか、港川道路とか、浦添西原線とか、浦添北道路とか、浦添高架橋とか、いろんな呼び名があって、どこからどこまでがどの道なのかさっぱりわからず、どうも、縦割り行政の弊害とかいうやつのせいでもあるらしいけど、早く愛称着ければいいのに。

キンザー側はほぼ出来上がってる。
これが浦添高架橋かな?

カーミージー。
高台にあった豪邸が取り壊されてたので登ってみた。

牧港側

わずかだが、浦添市にも自然のままのビーチが残っている。

何かいいもの落ちてないか探してみるが、何にもない。

ダックスフンドらしきものの死体発見。お腹パンパンだか、ウジが湧いてないので流れ着いたばかりかな。

人口じゃないビーチ。小さいけど砂も水も綺麗。
米兵ファミリーが遊んでた。

カーミージーに登ってみる。海キレイだねー。
釣りをするのは日本人。

カーミージーの御嶽に見慣れぬビン。
調べてみるとポーランド産のリンゴビールのREED’S APPLE ALE。
飲んでみたいな。
供えたのは米兵かな。

この角度が一番亀の頭っぽいかな。

ボロボロの護岸。
広い原っぱは、戦後のドサクサで勝手に埋め立てをしたらしい。
当時は止める人がいなかったのかな。

同じく、北谷町砂辺のゼロ番地って呼ばれてた違法埋め立て地は、今は米兵向けのアパートだらけだけど、ここはどうなるのだろう。

誰が土地の権利を持ってるのかな。

海を歩いて橋の下から。

看板ね

関連記事
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする