レスポンシブ広告

沖縄本島のビーチでも、寒さで仮死状態の魚がいた。【沖縄で雪が降った日】

毎年のこの時期になると、宮古島や石垣島で、水温が10度以下に下がってビックリした魚が気絶して、それをビーチで拾って食べた的な、うらやましいニュースをやるのが、風物詩的になっております。

今年もお約束のニュースがありました。

今年も宮古島と石垣島のニュースですが、沖縄本島でも拾えるのかなーと行ってきました。

仮死状態の魚を拾うぞ。

2016年1月24日。
上空1500メートルに氷点下6度の寒気が入り、もしかしたら雪が降るかも!と気象台が期待させる日。
恩納村のビーチに行ってきました。

気温は8度です。水温は測ってないです。
台風のような風と、高い波が怖い。

ちょっと歩いたら、潮だまりで発見。
死んでるのかと思いましたが、つつくと生き返りました。
でもすぐまた気絶します。

二匹目は打ち上げられて死んでました。

オジサンは口をパクパクした、まだ元気そうだったので、助けたかったけどどうしようもない。
持って帰って食べるほどの大きさじゃないし。

たくさん落ちてるけど、小さい魚ばかりです。

こいつは3センチくらいの大きさ。

可愛いコンゴウフグ。
コンゴウフグは全部で10匹以上いました。
打ち上げられて死んでたので、死因は寒さ関係ないかも。

並べてみた。

300メートル位歩いただけで、20匹位の魚を見つけました。
そのうち、仮死状態は3匹。あとは死んでますが、新鮮そう。

すべて海水温の低下で気絶した魚なのかはわかりませんが、いつもはこんなに落ちてないので、やっぱり寒さで気絶して打ち上げられたのかな。

今日は干潮にあわせて昼頃行ったのですが、朝一に行けば、まだ生きていたり、大きい魚もいたのかもしれません。

食べごろサイズの魚はゼロでした。一番大きい魚で10センチくらい。
小さいの拾って唐揚げにするといいのかもしれません。

台風並みに風が強く、身の危険を感じたので早々に引き上げました。

オマケ

亀の手だけが落ちてた。本体は探したけど見つからず。
小さい子です。

帰ってきてニュースみたら、名護市八重岳で雪が降ったとのこと。あー八重岳行けばよかった。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

関連記事